地域医療連携を
もっと簡単・確実に

foroCRMは、院内のコラボレーションを高め
より効果的な地域医療連携を推し進めるための
CRMツールです。

hero

CURRENT ISSUES

よくある現状の前方連携活動の課題

pict-issue
  • 1連携先が本当にほしい情報が本当にほしいタイミングで届いていない
  • 2連携先体験(CX)が前時代的でwithコロナ時代に沿っていない
  • 3連携先からのフィードバックが施策に生かされていない

SOLUTIONS

foroCRMで解決できること

pict-solution-01
pict-solution-02

データの一元管理

紹介やコミュニケーション履歴を
一元管理し属人化を防止

pict-solution-03

リソース不足を解消

データ分析や共有を自動化し、
連携先とのコミュニケーションに注力

pict-solution-04

PDCAを高速化

活動しても振り返りがないなどの状況を改善

HOW TO WORK

foroCRMの使い方

PLAN

トレンド分析
地域分析に基づいた戦略設計

pict-howto-01

DO

連携先DBから個々の施設に
最適なコミュニケーション

pict-howto-02

CHECK

アクションの状況や成果を
常時モニタリング

pict-howto-03

ACTION

振り返りの定着化によって
継続的な改善を実現

pict-howto-04

FUNCTIONS

機能一覧

pict-function-01

連携先管理機能

連携先の情報を蓄積し、一元管理

  • 医療機関情報
  • 医師情報
  • コンタクト履歴など
pict-function-02

連携先マップ機能

データを地図にプロットし、地域単位の分析や訪問先の選定が可能

pict-function-03

アラート機能

営業上のチャンスとピンチを逃さず通知

  • ○日間紹介がない
  • 講演会に出席した医師からの紹介等
pict-function-04

ダッシュボード機能

紹介数トレンドやアクション状況を一覧で把握可能

pict-function-05

効果検証機能

アクションが紹介/入院につながったかの分析が手軽に実施可能

pict-function-06

HTMLメール機能

宛先選択、メールのコンテンツ作成、開封率分析までをワンストップで実施

CASE STUDY

導入事例

foroCRMを導入頂いている様々な医療機関から
ポジティブな感想を頂いています。

急性期病院を中心に、
全国の病院で活用をいただいております

  • 所在地: 熊本県熊本市
    病床数: 400床
    機 能: 急性期病院、地域医療支援病院
  • 所在地: 宮崎県宮崎市
    病床数: 267床
    機 能: 急性期病院、地域医療支援病院
  • 病院名: 海老名総合病院、座間総合病院
    所在地: 神奈川県海老名市、座間市
    病床数: 479床、352床
    機 能: 急性期病院、地域医療支援病院
  • 所在地: 神奈川県横須賀市
    病床数: 417床
    機 能: 急性期病院、地域医療支援病院
  • 所在地: 大阪府大阪市
    病床数: 565床
    機 能: 急性期病院、地域医療支援病院
  • 所在地: 神奈川県川崎市
    病床数: 395床
    機 能: 急性期病院

FAQ

よくあるご質問

ツールを導入するにあたって、電子カルテとの連動は必要ですか?

必要ありません。ツールに必要なデータをCSVやエクセルのファイル形式でツールに投入し活用いただけます。

ツール活用に必要なデータは?

紹介データとDPC様式1データが必要になります。また、データのクレンジングと投入作業は全て弊社で実施させていただくので、データベースの構築に病院様で工数をかけていただくことはほとんどありません。

医療機関の情報は最新のものを使える?

最新の医療機関情報を活用できます。厚生局の最新データをもとに、弊社が定期的に更新をしているので、病院様でデータ更新の工数なども一切ございません。

入力工数や追加の作業が増えるのでは…

基本的には、現状実施している訪問の記録などをforo CRMへ移行していただくだけなので、追加の工数などはほとんどございません。現状の業務との詳しい差分に関しては、弊社担当までお気軽にご相談下さい。

ハードウェアの購入は必要?

必要ありません。ツールに必要なデータをCSVやエクセルのファイル形式でツールに投入し活用いただけます。

自分たちで使いこなせるか不安…

初めてのツールをしっかり使いこなしていただくために、弊社の導入支援担当が研修プログラムを組んでサポートさせていただくのでご安心下さい。ツールの使い方はもちろん、ツールを使った前方連携のPDCAの回し方などのノウハウもご提供させていただきます。

資料請求はこちら